陽明雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三本目からコメディ映画

<<   作成日時 : 2017/05/14 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 『赤い天使』
1966年/大映/CS版:95分
監督:増村保造
原作:有馬頼義
脚本:笠原良三
出演:若尾文子/芦田伸介/他

画像 『イレイザーヘッド』
[ERASERHEAD]
1976年/アメリカ/BS版:89分
監督:デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ
出演:ジョン・ナンス/他

画像 『料理長殿、ご用心』
[WHO IS KILLING THE GREAT
CHEFS OF EUROPE?]
1978年/アメリカ/BS版:112分
監督:テッド・コッチェフ
出演:ジョージ・シーガル/他

画像 『奇人たちの晩餐会』
[LE DINER DE CONS]
1998年/フランス/DVD版:80分
監督:フランシス・ヴェベール
脚本:フランシス・ヴェベール
出演:ジャック・ヴィルレ/他

画像 『ウディ・アレンのSEXのすべて』
[Everything You Always Wanted to Know
About Sex* (*But Were Afraid to Ask)
]
1972年/アメリカ/DVD版:88分
監督:ウディ・アレン
出演:ウディ・アレン/他

画像 メル・ブルックス 珍説世界史 PARTT
[HISTORY OF THE WORLD:PART I]
1980年/アメリカ/Blu-ray版:92分
監督:メル・ブルックス
脚本:メル・ブルックス
出演:メル・ブルックス/他

画像 『孤独のグルメ Season6』
2017年/テレビ東京/地デジ版:
監督:溝口憲司/他
原作:久住昌之/谷口ジロー
脚本:田口佳宏/他
出演:松重豊/他


 だいぶ陽気が良くなってきて蒸し暑いと思ったら、急に涼しくなって・・・。
 今週は三本目以降がコメディ映画。

  「赤い天使」 は反戦映画であり、少々歪んだ恋愛映画。公開当時、日本では受け入れられず、海外、特にフランスで評価が高いとの事。
 皆、色々と執着している映画。面白かったが、ヌードは吹替えだそうで。
  『ジョニーは戦場へ行った』『キャタピラー』 を思い出した。

  「イレイザーヘッド」 は修復版。
 シュールで難解なビジュアル的映画なので深読みし過ぎないのが、吉。
 ただし、ストーリーはあるし、解釈も出来る。

  「料理長殿、ご用心」 は、 「女王陛下の料理人、料理される」 。
 久しぶりに観たので、キレイに犯人を忘れていて最後まで思い出さなかったので楽しめた。肉を焦がす料理人はいない、と。

  「奇人たちの晩餐会」 は、同名舞台劇が原作。
 文字通りのバカ映画。おそらく 「バカ」 という言葉が出る回数は最多。ジャック・ヴィルレのバカっぷりにイラつく部分がないでもない・・・。

  「ウディ・アレンのSEXのすべて」 は、医学博士デヴィッド・ルーベン同名HOW TO本を基にした映画。
 面白いのだが、何度観てもバート・レイノルズが目立つ・・・。

  「メル・ブルックス 珍説世界史」 は世界史のパロディ映画。映画の最後に予告編はあるが、PARTUは存在しない。
 製作費を使い、大掛かりなセットでドリフのようなネタをやる。監督はユダヤ系なのに思いっきりユダヤ人をこき下ろすのはやり易いからなのか・・・。

  「孤独のグルメ」 は仕事中のBGV。

『ハサミ男』 (殊能将之/講談社) を読む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


Aqua Museum
三本目からコメディ映画 陽明雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる