急に肌寒くなって

画像 『われに撃つ用意あり』
1990年/松竹/BS版:106分
監督:若松孝二
原作:佐々木譲
脚本:丸内敏治
出演:原田芳雄/桃井かおり/他

画像 『太陽の墓場』
1960年/松竹/BS版:87分
監督:大島渚
脚本:大島渚/石堂淑朗
撮影:川又昂
出演:炎加世子/津川雅彦/他

画像 『逆噴射家族』
1984年/ATG/BS版:106分
監督:石井聰亙
原案:小林よしのり
脚本:小林よしのり/他
出演:小林克也/倍賞美津子/他

画像 『濡れた荒野を走れ』
1973年/日活/CS版:73分
監督:沢田幸弘
脚本:長谷川和彦
撮影:山崎善弘
出演:地井武男/山科ゆり/他

画像 『肉弾』
1968年/ATG/NHK-BS版:116分
監督:岡本喜八
脚本:岡本喜八
撮影:村井博
出演:寺田農/大谷直子/他

画像 『絞殺』
1979年/ATG/BS版:115分
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
撮影:三宅義行
出演:西村晃/乙羽信子/他

画像 『東北の神武たち』
1957年/東宝/BS版:59分
監督:市川崑
原作:深沢七郎
脚本:和田夏十
出演:芥川比呂志/伊豆肇/他


 暑い日が続くかと思ったら、急に肌寒くなった今日この頃。
 やはり今週も仕事をしながらの鑑賞。

  「われに撃つ用意あり」 は、ヤクザ絡みの犯罪に巻き込まれた元全共闘たちの戦いを描いたハードボイルド。
 1970~80年代前半の映画っぽい。

  「太陽の墓場」 は、大阪のドヤ街で生きる人間たちを描いたドラマ。
 バイタリティ溢れるエネルギッシュな映画。
 ジャイアント馬場に似ているのは元プロレスラーの羅生門綱五郎

  「逆噴射家族」 は、家族間の軋轢からストレスが爆発するバイオレンス・コメディ。逆噴射は当時の流行語。
 久々に鑑賞。シロアリ、植木等の帝国軍人、工藤夕貴の亀甲縛り。

  「濡れた荒野を走れ」 は、名前だけロマンポルノ。
 反権力。ベトナム救援募金を奪い、レイプする強盗であると同時に、それを取り締まる悪徳刑事が主役。劇中のラジオ放送は林美雄の深夜放送。
 ポルノっぽい雰囲気は多少あるけど、沢田幸弘も、長谷川和彦も、ポルノを作ろうという気はないね。

  「肉弾」 は、特攻隊員の休日の出来事を通して戦争の愚かさ、それによって踏みにじられた思いをコミカルなタッチで描く反戦映画。
 0.6歳は十進数だから6か月じゃないやね。戦争では助かったけど、最後は骨になる。

  「絞殺」 は、1977年に起きた開成高校生殺害事件を下敷きに核家族の崩壊を描いたドラマ。後味の悪い映画として有名?
 近親相姦やら、家庭内暴力やら、息子殺しやらと、重い話。

  「東北の神武たち」 は、東宝スコープの第1回作品。
 重苦しく辛い現実と、っそれを乗り越えるための救済装置としての民話。
 『楢山節考』 と 『東北の神武たち』 を足して作った映画 『楢山節考』 でも描かれているので、そっちを観れば事足りる、は違う。

『悪の教典』上巻 (貴志祐介/文春文庫) を読む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック