夏らしくなってきた

画像 『ヒッチコック/トリュフォー』
[HITCHCOCK/TRUFFAUT]
2015年/米、仏/BS版:80分
監督:ケント・ジョーンズ
脚本:ケント・ジョーンズ/他
出演:アルフレッド・ヒッチコック/他

画像 『お茶漬の味』
1952年/松竹/CS版:115分
監督:小津安二郎
脚本:野田高梧/小津安二郎
撮影:厚田雄春
出演:佐分利信/木暮実千代/他

画像 『祭りの準備』
1975年/ATG/BS版:117分
監督:黒木和雄
原作:中島丈博
脚本:中島丈博
出演:江藤潤/馬渕晴子/他

画像 『薔薇の葬列』
1969年/ATG/Blu-ray版:105分
監督:松本俊夫
脚本:松本俊夫
撮影:鈴木達夫
出演:ピーター/土屋嘉男/他

画像 『日本犯罪史 ~偽造の快楽~』
2012年/コンセプトフィルム/CS版:74分
監督:末永賢
脚本:末永賢
撮影:小山田勝治
出演:中野裕斗/紗倉まな/他


 夏らしい陽気になってきた。
 夏が好きな私にとっては喜ばしい、俺様の季節。

  「ヒッチコック/トリュフォー」 は、トリュフォーによるヒッチコックへのロングインタビューを基本としたドキュメンタリー。
 インタビューだけで、マーティン・スコセッシたちのコメントは無くても良かったのではないか・・・。

  「お茶漬の味」 は、デジタル修復版。
 瞬きは無い。

  「祭りの準備」 は、中島丈博の半自伝的小説を映画化。
 本作には、小説 「野蛮な詩」 、映画 「郷愁」 、ドラマ 「独身送別会」 、ドラマ 「宵待草」 など関連作が多い。竹下景子のヌード、濡れ場アリ。

  「薔薇の葬列」 は、映画評論家、実験的映像作家として知られていた松本俊夫の劇場用長編第1作。ピーターのデビュー作。
 先に 「オイディプス」 の物語があった訳では無く、ゲイボーイを描こうとした時に 「オイディプス」 と結びついたとの事。

  「日本犯罪史 ~偽造の快楽~」 は、Vシネマ作品。
 昭和36年に大量に出回った偽札 「チ-37号」 が、昭和60年に再び出回り始め、過去の事件を絡めての捜査を描いている。

『魔界都市ブルース 愁歌の章』 (菊地秀行/祥伝社) を読む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック