今週はカルトホラー&SF

画像 『楠公父子 ~櫻井の訣別~』
1921年/牧野教育映画製作所/CS版:15分
監督:牧野省三
原作:碧瑠璃園
撮影:宮崎安吉
出演:内田吐夢/常盤松代/マキノ正唯/他

画像 『サランドラ』
[THE HILLS HAVE EYES]
1977年/アメリカ/BS版:90分
監督:ウェス・クレイヴン
脚本:ウェス・クレイヴン
出演:スーザン・レイニア/他

画像 『地獄のモーテル』
[MOTEL HELL]
1980年/アメリカ/BS版:97分
監督:ケヴィン・コナー
脚本:ロバート・ジャッフェ/他
出演:ロリー・カルホーン/他

画像 『ラ・ジュテ』
[LA JETEE]
1962年/フランス/BS:29分
監督:クリス・マルケル
脚本:クリス・マルケル
出演:エレーヌ・シャトラン/他

画像 『デビルスピーク』
[EVILSPEAK]
1981年/アメリカ/BS版:93分
監督:エリック・ウェストン
原作:ジョセフ・ガロファロ
出演:クリント・ハワード/他


 今週は、最初の1本以外はカルトホラー&SF映画。

  「楠公父子 ~櫻井の訣別~」 は、九州より攻め上がる足利尊氏に対し、湊川の戦いに赴く楠木正成との別れに息子・正行が桜井の駅に向かう物語。
 後の映画監督が出演。なぜかタイトルが上巻、下巻と続いて出る。

  「サランドラ」 は、 「戦慄のジョギリ・ショックがやってくる!」 のハッタリコピーで宣伝されたスプラッタ映画。ジョギリ目当ての観客を激怒させた。
 核の実験場を訪れた一家が異形の人間たちに襲われる恐怖譚。モデルはソニー・ビーンとその一家。

  「地獄のモーテル」 は、カリフォルニアのとあるリゾート地を舞台に、中年兄妹が経営するモーテルでの猟奇殺人を描くホラー映画。

  「ラ・ジュテ」 は、フォトロマンで製作したSF映画。
 第三次世界大戦後の世界を舞台に、廃墟になったパリで少年時代の記憶に取り憑かれた男の時間と記憶をめぐる物語。

  「デビルスピーク」 は、いじめの標的にされていた陸軍士官学校の生徒が悪魔崇拝の痕跡を発見し、コンピューターの力を借りて悪魔を呼び出し、いじめっ子に仕返しするホラー映画。
 悪魔教会の開祖であるアントン・ラヴェイは、非常にサタニックな映画だと絶賛したとの事。 「オーメン2」 の舞台で男版 「キャリー」 。子犬は可哀想だけど、引き金としては弱い。

『降霊会の夜』 (浅田次郎/文春文庫) 、 『営繕かるかや怪異譚』 (小野不由美/角川文庫) を読む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック