暑さ復活か・・・

画像 『犬神屋敷』
1960年/大映/CS版:75分
監督:田坂勝彦
脚本:吉田哲郎
撮影:牧田行正
出演:中村豊/美川純子/他

画像 『淫獣 ~天井裏の覗き魔~』
2003年/新東宝/CS版:80分
監督:深町章
脚本:福俵満
撮影:長谷川卓也
出演:川瀬有希子/里見瑶子/他

画像 『追憶の森』
[THE SEA OF TREES]
2015年/アメリカ/BS版:111分
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:クリス・スパーリング
出演:マシュー・マコノヒー/他

画像 『獣人』
[LA BETE HUMAINE]
1938年/フランス/BS版:99分
監督:ジャン・ルノワール
原作:エミール・ゾラ
出演:ジャン・ギャバン/他

画像 『ベルトルッチの分身』
[PARTNER.]
1968年/イタリア/DVD版:109分
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
原作:ドストエフスキー
出演:ピエール・クレマンティ/他


 九月も下旬になってまた気温が上がってきたような・・・。
 閉め切ると蒸し暑いけど、朝方は涼しくなるし・・・。

  「犬神屋敷」 は、遺産分配のために集まった8人が遭遇する連続殺人事件、首なし死体、幽霊などによる恐怖とトンマな岡っ引きコンビをコメディタッチで描く娯楽時代劇。

  「淫獣 ~天井裏の覗き魔~」 は、猟奇的エロティック・ロマン。
 昭和ロマン×和服エロス×犯罪ミステリーが融合した極上のエンタテインメント!だとの事だったので、江戸川乱歩みたいなのかと思ったら、それっぽいのをちゃっちくしたような・・・・。

  「追憶の森」 は、日本の青木ヶ原樹海を舞台したミステリー・ドラマ。
 カンヌ映画祭でのマスコミ向けプレミア上映でブーイングを浴びたという事なので、霊魂とかの思想はアメリカ人には合わないのかも。

  「獣人」 は、発作的に女を殺害したい衝動に駆られる主人公と、養父を殺した人妻の恋を描いたフィルム・ノワール。
 ただし、悪党はほぼ出てこない。ジャン・ルノワールの俳優に対しての演出はとても素晴らしい。

  「ベルトルッチの分身」 は、ベルトルッチの長編3作目。
 ドストエフスキーの 『二重人格』 を下敷きに、内気で孤独な青年の前に破壊的な殺人衝動を持った分身が現われ、分身に支配されてい様を実験的な映像表現を織り交ぜ鮮烈に描き出している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック