年越しの準備・開始

画像 『スピーシーズ/種の起源』
[SPECIES]
1995年/アメリカ/CS版:109分
監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:デニス・フェルドマン
出演:ベン・キングズレー/他

画像 『スピーシーズⅡ』
[SPECIES Ⅱ]
1998年/アメリカ/CS版:93分
監督:ピーター・メダック
脚本:クリス・ブランカトー
出演:マイケル・マドセン/他

画像 『スピーシーズⅢ 禁断の種』
[SPECIES Ⅲ]
2004年/アメリカ/CS版:113分
監督:ブラッド・ターナー
脚本:ベン・リプリー
出演:サニー・メイブリー/他

画像 『プレデター』
[PREDATOR]
1987年/アメリカ/CS版:107分
監督:ジョン・マクティアナン
脚本:ジェームズ・E・トーマス/他
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/他

画像 『スピーシーズ4 新種覚醒』
[SPECIES:THE AWAKENING]
2007年/アメリカ/DVD版:99分
監督:ニック・ライオン
脚本:ベン・リプリー
出演:ヘレナ・マットソン/他

画像 『カメラを止めるな!』
2017年/ENBUゼミナール/DVD版:96分
監督:上田慎一郎
脚本:上田慎一郎
撮影:曽根剛
出演:濱津隆之/真魚/他

画像 『プレデター2』
[PREDATOR 2]
1990年/アメリカ/CS版:108分
監督:スティーヴン・ホプキンス
脚本:ジム・トーマス/他
出演:ダニー・グローヴァー/他


 今年もそろそろ年越しの準備を開始。
 今週はシリーズづくし。ただし 「スピーシーズ」 は4まで。 「スピーシーズX」 シリーズはスピーシーズの名を借りた青春エイリアングラフィティとの事なので除外。

  「スピーシーズ/種の起源」 は、シリーズ1作目。
 宇宙からの情報を基に人類が作り出した生命体の暴走を描くSFホラー。
 モンスター・デザインはH・R・ギーガー。

  「スピーシーズⅡ」 は、シリーズ2作目。
 前作で生き残った3人のうちの2人が新たなエイリアンとの戦いを繰り広げるSFホラー。クリーチャーエフェクトはH・R・ギーガー。

  「スピーシーズⅢ 禁断の種」 は、シリーズ3作目。
 1作目から連続での出演は最も美しいエイリアンのナターシャ・ヘンストリッジのみ。新しいエイリアンはサニー・メイブリー。

  「プレデター」 は、ゲリラたちの手から捕虜を救出する任務に中、正体不明のプレデターに狙われるSFアクション映画。
 プレデターは、身体能力と技術力、高い知能を持ち、「強い生命体を狩ること」 を生き甲斐とする好戦的な種族。

  「スピーシーズ4 新種覚醒」 は、シリーズ4作目。
 自分が人間とエイリアンの遺伝子配合で作られた生命体だと知らずにいた女性が本能に目覚め、人々に襲いかかる恐怖を描いたSFホラー。
 本当は 「プレデター」 より前に観る予定だったのが、タイミングがズレて順序が逆に・・・。

  「カメラを止めるな!」 は、ENBUゼミナールの 「シネマプロジェクト」 第7弾作品で同監督の劇場用長編デビュー作。

  「プレデター2」 は、舞台を近未来1997年の犯罪都市ロサンゼルスに移したシリーズ第2作。
 プレデターと、その狩りに巻き込まれた警察や麻薬密売組織の繰り広げる死闘を描く。アーノルド・シュワルツェネッガーは 「前作の良いところが失われてしまった」 として脚本を提示された段階で出演を断っている。

『魔界都市ブルース 傭兵戦線』 (菊地秀行/祥伝社) 、 『江戸川乱歩と横溝正史』 (中川右介/集英社) を読む。
『川島雄三 乱調の美学』 (磯田勉/ワイズ出版) 読了。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック