今年は本当に暖冬か・・・?

20200105a.jpg 『旅芸人の記録』
[O THIASSOS]
1975年/ギリシャ/DVD版:232分
監督:テオ・アンゲロプロス
脚本:テオ・アンゲロプロス
出演:エヴァ・コタマニドゥ/他

20200105b.jpg 『雨の中の女』
[THE RAIN PEOPLE]
1969年/アメリカ/CS版:102分
監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:フランシス・フォード・コッポラ
出演:シャーリー・ナイト/他

20200105c.jpg マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行
[IL MIO VIAGGIO IN ITALIA]
1999年/アメリカ/DVD版:243分
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:マーティン・スコセッシ/他
出演:マーティン・スコセッシ/他

20200105d.jpg 『蜘蛛の巣を払う女』
[THE GIRL IN THE SPIDER'S WEB]
2018年/米、/BS版:115分
監督:フェデ・アルバレス
原作:ダヴィド・ラーゲルクランツ
出演:クレア・フォイ/他

20200105e.jpg 『豚小屋』
[PORCILE]
1969年/伊、仏/Blu-ray版:98分
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ
出演:ピエール・クレマンティ/他

20200105f.jpg 『エレクトラ』
[ELEKTRA]
2005年/アメリカ/BS版:98分
監督:ロブ・ボウマン
脚本:ザック・ペン/他
出演:ジェニファー・ガーナー/他


  「旅芸人の記録」 は、軍事政権下で時に作品内容を前世紀の田園劇と偽って製作された。旅一座一家の物語はそのままアトレウス家の古代神話をなぞり、ギリシア現代史を総括する叙事詩。現代史三部作の第二作。

  「雨の中の女」 は、結婚生活に疑問を抱いて一人旅に出た主婦を描くロード・ムービー。
 その場で生じたハプニングも活かした即興演出も取り入れた、コッポラ初期のアメリカン・ニューシネマ。
 
  「マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行」 は、スコセッシに影響をあたえたイタリア映画史をめぐる旅であり、中でもイタリア・ネオリアリズムの作品を取り上げたドキュメンタリー映画。

  「蜘蛛の巣を払う女」 は、新たな作者による続編のシリーズ第4弾。ハリウッド版の製作スタッフが映画化。
 ミステリーでは無くハリウッドのアクションもの。前作で死亡した父親の次に妹が登場。次は母親か・・・。

  「豚小屋」 は、人肉を喰う飢えた若者と豚と獣姦の果てに豚に喰われてしまう若者、中世と現代を交互に進行する二つの物語で構成された背徳の寓話。

  「エレクトラ」 は、 『デアデビル』 のヒロインを主人公にしたスピンオフ。禅のようモノだったが、禅か?と訊かれて答えている 「キマグレ」 とは何だ・・・?

『最強の系譜 プロレス史 百花繚乱』 (那嵯涼介/新紀元社) を読む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント