空木の花や霍公鳥

20210404a.jpg 『逢魔の辻 江戸の巻』
1938年/東宝/CS版:92分
演出:滝沢英輔
原作:大仏次郎
脚色:岸松雄/八住利雄
出演:河原崎長十郎/藤間房子/他

20210404b.jpg 『バッド・ルーテナント』
[THE BAD LIEUTENANT]
2009年/アメリカ/BS版:122分
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ウィリアム・フィンケルスタイン
出演:ニコラス・ケイジ/他

20210404c.jpg 『汝のウサギを知れ』
[GET TO KNOW YOUR RABBIT]
1972年/アメリカ/CS版:92分
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ジョーダン・クリッテンデン
出演:トム・スマザース/他

20210404d.jpg 『牡丹燈籠』
1968年/大映/BS版:89分
監督:山本薩夫
原作:三遊亭円朝
脚本:依田義賢
出演:本郷功次郎/赤座美代子/他

20210404e.jpg 『それから』
[그후]
2017年/韓国/CS版:91分
監督:ホン・サンス
脚本:ホン・サンス
出演:クォン・ヘヒョ/キム・ミニ/他

20210404f.jpg 『怪談お岩の亡霊』
1961年/東映/オンデマンド版:94分
監督:加藤泰
原作:鶴屋南北
脚本:加藤泰
出演:若山富三郎/藤代佳子/他

20210404g.jpg 『憲兵と幽霊』
1958年/新東宝/BS版:75分
監督:中川信夫
脚本:石川義寛
撮影:西本正
出演:天知茂/久保菜穂子/他


 四月に突入。

  「逢魔の辻 江戸の巻」 は、妾腹である主人公とそれをつけ狙う同心、封建制の中で相克する人間たちを幕末を舞台に描く時代劇。
 続編は製作されずに未完。 「逢魔の辻」としてリメイクされたが、こちらも続編は製作されなかった。

  「バッド・ルーテナント」 は、ドラッグが手放せず、嬉々として悪行に手を染める狂気の悪徳警官の姿とその顛末を描くクライムサスペンス。
  『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』 のリメイクとされているが、監督のヘルツォークは否定している。

  「汝のウサギを知れ」 は、デ・パルマのメジャー・デビュー作。
 大企業の若き重役である主人公は、忙しさからタップダンサー兼マジシャンに転職。巡業で各地を回る中で運命の出会いを果たす。

  「牡丹燈籠」 は、三遊亭円朝の同名の怪談噺を映画化した怪談映画。
 萩原新三郎がお露という遊女と知り合うが、亡霊だと知り、離れるためにお札の貼られたお堂へ閉じこもる。

  「それから」 は、勤め先の社長の不倫相手だと勘違いされた女性を中心に、女にだらしない男の愛憎劇を時系列を組み替えて綴る。

  「怪談お岩の亡霊」 は、 「東海道四谷怪談」 の戦後五度目の映画化。
 浪人侍の伊右衛門が破滅していく様を中心に描いている。

  「憲兵と幽霊」 は、社長である大藏貢からの要請でシナリオを怪談噺に、タイトルも変更されて公開されたピカレスクロマン。
 軍の機密文書盗難の罪を着せて銃殺刑に追いやった憲兵の妻を寝取り、義母を自殺に追いやり、部下を殺害。中国へ出兵するが、死に追いやった者たちの怨念に悩まされ破滅の道を歩んでいく。

『百億の昼と千億の夜』 (光瀬龍/ハヤカワ文庫JA Kindle版) を読む。

"空木の花や霍公鳥" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント