アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
陽明雑記
ブログ紹介

画像 ダラダラ、ズルズル不定期更新。
 画像は、待ち受けにすると御利益あるという 「伊勢神宮の御来光」 。
 文字色は、「リンク1」「リンク2」「吹き出し」「複合等」
 カーソルの変化等で区別できますが、記事の日時によって表示が異なります。 [更新記録]

 基本的にリンクフリーです。バナーはご自由にお使い下さい。
-since 2005-
zoom RSS

いきなり夏が来た

2018/05/20 08:52
画像 『フランケンシュタインの怪獣
サンダ対ガイラ』

1966年/東宝/DVD版:88分
監督:本多猪四郎
脚本:本多猪四郎/馬淵薫
出演:ラス・タンブリン/佐原健二/他

画像 『悪魔』
[DIABEL]
1972年/ポーランド/Blu-ray版:122分
監督:アンジェイ・ズラウスキ
脚本:アンジェイ・ズラウスキ
出演:ヴォイチェフ・プショニャック/他

画像 『火垂の墓』
1988年/スタジオジブリ/DVD版:88分
監督:高畑勲
原作:野坂昭如
脚本:高畑勲
声優:辰己努/白石綾乃/他

画像 『夜の第三部分』
[TRZECIA CZESC NOCY]
1972年/ポーランド/Blu-ray版:107分
監督:アンジェイ・ズラウスキ
脚本:アンジェイ・ズラウスキ/他
出演:レシェック・テレシンスキ/他

画像 『未知への飛行』
[FAIL-SAFE]
1964年/アメリカ/CS版:101分
監督:シドニー・ルメット
原作:ユージン・バーディック/他
出演:ヘンリー・フォンダ/他

画像 『Genius Party BEYOND』
2008年/Studio 4℃/DVD版:89分
監督:森本晃司/中澤一登/他
作画監督:森本晃司/中澤一登/他
美術監督:新林希文/西田稔/他
声優:小林顕作/菅野よう子/他


 いきなり気温が上昇。
 夏日が始まり、夏がやって来た。

  「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」 は、 『フランケンシュタイン対地底怪獣』 の続編として企画された。

  「悪魔」 は、アンジェイ・ジュワフスキの長編第二作目。過激な内容から上映禁止処分を受け、1988にようやく公開された。
  十八世紀末のポーランド。陰謀の罪で精神病院に入れられていた主人公は悪魔の手助けによって脱走。悪魔に渡されたカミソリで家族や人間たちを次々に殺していく。シェークスピアの 「ハムレット」 が引用されている。

  「火垂の墓」 は、野坂昭如が体験をもとに書いた小説のアニメ化。

  「夜の第三部分」 は、ジュワフスキの長編デビュー作。師匠のアンジェイ・ワイダが監修している。シラミ。

  「未知への飛行」 は、軍事コンピュータが誤って核攻撃指令を発してしまう核戦争の恐怖を描いている。殆どのシーンが大統領の執務室と作戦司令室で占められており、その限定された空間で行われる密室劇。

  「Genius Party BEYOND」 は、5つの短編作品からなる、 『Genius Party』 の第2作目。

『魔界都市ブルース 黒魔孔』 (菊地秀行/祥伝社) を読む。
『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) 読了。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


五月病・・・? 何ソレ?

2018/05/13 10:45
画像 『日本の夜 女・女・女物語』
1963年/松竹/DVD版:78分
監督:武智鉄二
脚本:蔦達治
撮影:芥川和敏
語り手:三木鮎郎

画像 『この子の七つのお祝いに』
1982年/松竹、角川/DVD版:111分
監督:増村保造
原作:斎藤澪/
脚本:松木ひろし/増村保造
出演:根津甚八/岩下志麻/他

画像 『シルバー・グローブ/銀の惑星』
[NA SREBRNYM GLOBIE]
1987年/ポーランド/DVD版:160分
監督:アンジェイ・ズラウスキ
原作:イェジー・ズラウスキ
出演:アンジェイ・セヴェリン/他

画像 『嗤う伊右衛門』
2003年/東宝/DVD版:128分
監督:蜷川幸雄
原作:京極夏彦
脚本:筒井ともみ
出演:唐沢寿明/小雪/他

画像 『適齢三人娘』
1951年/松竹/CS版:84分
監督:川島雄三
原作:中野実
脚本:中山隆三
出演:若原雅夫/津島恵子/幾野道子/他


 ネット・ニュースで 「五月病」 という言葉を見た。
 そい言えば、そんなモノもあったな。ずいぶんと見たり、聞いたりしてないような気がする・・・という感じです。

  「日本の夜 女・女・女物語」 は、盗撮を駆使したドキュメンタリーと銘打たれた映画。撮影は普通に行われている。公開はR指定。
 女性をとりまく性風俗を中心に豊胸や帝王切開、尼僧など、様々なオンナを捉えている。映画の冒頭に三越の紙袋が映るが、デザインが今と同じ。

  「この子の七つのお祝いに」 は、第一回横溝正史ミステリ大賞を受賞作品を映画化。
 何度目かの鑑賞。この映画で、両親の手相から、この手相の子供は生まれないなどあると知った。

  「シルバー・グローブ/銀の惑星」 は、膨大な製作費を掛け、宗教・民俗・文化に密着した哲学的内容と実験的映像に没頭するズラウスキに畏怖を感じた文化庁副長官と映画省次官の決定によって、未完のまま1977年に撮影を中止させられた作品を、10年後に失われた約1/5の内容を音声でフォローし、完成させ幻の超大作。

  「嗤う伊右衛門」 は、京極夏彦が新たな解釈を加えたラブ・ストーリー。
 鶴屋南北の 「東海道四谷怪談」 をイメージして観ると、全く違うので困惑する。あくまでも、これをベースにしたラブ・ストーリー。

  「適齢三人娘」 は、11作目。
 若い男女六人の恋の混線を賑やかに描いたラブコメディ。

『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) を読む。
遅々としてあまり進まず・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゴールデンウィークの終わり

2018/05/06 09:50
画像 『浮世絵残酷物語』
1968年/大映/DVD版:84分
監督:武智鉄二
原案:羽黒童介
脚本:武智鉄二
出演:刈名珠理/辰己典子/他

画像 『華魁』
1983年/富士映画/DVD版:113分
監督:武智鉄二
原作:谷崎潤一郎
脚本:武智鉄二
出演:親王塚貴子/夕崎碧/他

画像 『天使も夢を見る』
1951年/松竹/CS版:84分
監督:川島雄三
原作:藤沢桓夫
脚本:伏見晁
出演:鶴田浩二/佐田啓二/他

画像 『戦後残酷物語』
1968年/大映/DVD版:87分
監督:武智鉄二
原作:小野年子/五島勉
脚本:武智鉄二
出演:路加奈子/紅千登世/他

画像 『紅閨夢』
1964年/松竹/DVD版:75分
監督:武智鉄二
原作:谷崎潤一郎
脚本:武智鉄二
出演:茂山千之丞/川口秀子/他


 世間のゴールデンウィークももう終わり。休めても行楽気分とはかけ離れているので、普段と大差ない。
 今週は武智鉄二が多くなった。

  「浮世絵残酷物語」 は、武智残酷シリーズ第2弾。
 江戸中期の浮世絵師宮川長春をめぐる実話に基づいて、芸術が弾圧されていた寛永年間を舞台に闇に葬られた絵師の悲劇を描いている。

  「華魁」 は、谷崎潤一郎の 「人面疽」 を元にし風俗絵巻。
  『愛のコリーダ』『白日夢』 に続いて、日本で三本目の本番映画。

  「天使も夢を見る」 は、10作目。主人公たちのノンプロの野球部廃止と社長の娘を巡るコメディ。
 やはり出来はそれほど悪くない。

  「戦後残酷物語」 は、武智残酷シリーズ第1弾。
 終戦直後の京都を舞台に娼婦に間違われて人生が大きく変わり、最後は入水自殺を遂げる。GIの舌をかみ切る所が見所。後はそれほどでもない。原作の五島勉は後のノストラダムス。小野年子 (仮名) の手記 「死に臨んで訴える」 を元にしている。

  「紅閨夢 (こうけいむ) 」 は、谷崎潤一郎の 「過酸化マンガン水の夢」 、 「柳湯の事件」 を映像化した風俗もの。
 ストリップ見て、映画見て、たらふく食って、妖しい夢を見る。舞踊に暗黒舞踏の土方巽。

『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) を読む。
遅々としてあまり進まず・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


遅れてきた春眠

2018/04/29 08:13
画像 『審判』
[LE PROCES]
1963年/仏、伊、西独/CS版:119分
監督:オーソン・ウェルズ
原作:フランツ・カフカ
出演:アンソニー・パーキンス/他

画像 『清作の妻』
1965年/大映/DVD版:93分
監督:増村保造
原作:吉田絃二郎
脚本:新藤兼人
出演:若尾文子/田村高廣/他

画像 『華岡青洲の妻』
1967年/大映/DVD版:99分
監督:増村保造
原作:有吉佐和子
脚本:新藤兼人
出演:市川雷蔵/若尾文子/他

画像 『クラッシャージョウ』
1983年/日本サンライズ/DVD版:132分
監督:安彦良和
原作:高千穂遙
脚本:高千穂遙/安彦良和
出演:竹村拓/他

画像 『夜』
[THE LOBSTER]
1961年/伊、仏/BS版:122分
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
脚本:ミケランジェロ・アントニオーニ/他
出演: マルチェロ・マストロヤンニ/他


 今頃になって春眠が来たのか、やたらと眠い日が続く・・・。
 寝ているのに、とにかく眠い・・・。

  「審判」 は、カフカの不条理文学を現代の物語として、コンピューターに管理される人類を予見する作品として映像化。
 インテリ風の作り。爆死。

  「清作の妻」 は、サイレント版に続いて、2度目の映画化。
 戦争を背景とした差別や偏見、全体主義の中で、幸せのために罪を犯すヒロインを描く。

  「華岡青洲の妻」 は、世界で初めて麻酔を使った手術を成功させた華岡青洲と、彼への愛を争う妻と母との確執を描いている。実際には、親族たちが自ら実験体に名乗り出ており、実母や妻に限った話ではない、との事。

  「クラッシャージョウ」 は、 スペースオペラ。オリジナル・フィルムはスタンダードで、上映は上下を切った貧乏ビスタ。

  「夜」 は、愛の不毛三部作の二作目。
 平穏な夫婦生活に潜む危機を描いた作品。

『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) を読む。
遅々としてあまり進まず・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


世間は大型連休

2018/04/22 08:11
画像 『劇場版 屍囚獄 結ノ篇』
2017年/「劇場版 屍囚獄」製作
委員会/DVD版:75分
監督:城定秀夫
原作:室井まさね
出演:片山萌美/立花あんな/他

画像 『野獣の青春』
1963年/日活/CS版:92分
監督:鈴木清順
原作:大藪春彦
脚本:池田一朗/山崎忠昭
出演:宍戸錠/木島一郎/他

画像 『フランケンシュタイン対地底怪獣』
1965年/東宝/DVD版:94分
監督:本多猪四郎
脚本:馬淵薫
特技監督:円谷英二
出演:ニック・アダムス/高島忠夫/他

画像 『闇夜の時代劇 老ノ坂』
1995年/サンライズ/CS版:14分
演出:今西隆志
脚本:今西隆志
作画監督:塩山紀生
声優:廣田行生/唐沢潤/他

画像 『闇夜の時代劇 正体を見る』
1995年/サンライズ/CS版:14分
演出:富野由悠季
脚本:富野由悠季
キャラクターデザイン:そえたかずひろ
声優:佐々木敏/井上倫宏/他

画像 『闇夜の時代劇 甚助の耳』
1995年/サンライズ/CS版:13分
演出:高橋良輔
脚本:高橋良輔
ナレーション:矢田稔
声優:緒方賢一/子安武人/他

画像 『闇夜の時代劇 幕末洛中瓦版』
1995年/サンライズ/CS版:14分
演出:今西隆志
脚本:今西隆志
作画監督:塩山紀生
声優:荒川美奈子/子安武人/他

画像 『映像の魔術師 オーソン・ウェルズ』
[MAGICIAN]
2014年/アメリカ/CS版:92分
監督:チャック・ワークマン
演出:チャック・ワークマン
出演:オーソン・ウェルズ/他


 4月も半ばを過ぎて、急に気温が上昇。
 ゴールデンウィークは9連休とかの大型連休になるようで・・・。

  「劇場版 屍囚獄 結ノ篇」 は、エロティックホラーの完結編。
 一人を残して皆死ぬ。そして、誰もいなくなる。

  「野獣の青春」 は、鈴木清順の美学によるハードボイルド。
 犯罪者として刑事の職を追われた主人公が、かつての同僚を死においやった犯人を捜し出す。

  「フランケンシュタイン対地底怪獣 (バラゴン) 」 は、アメリカのベネディクト・プロとの合作の怪獣映画。怪獣映画の合作はコレが初。
 海外版は、外国人ウケのする大ダコとの格闘シーンが追加されている。
 今回は海外版で観てから、国内版のラストをのみを鑑賞。

  「闇夜の時代劇 老ノ坂」 、 「闇夜の時代劇 正体を見る」 、 「闇夜の時代劇 甚助の耳」 、 「闇夜の時代劇 幕末洛中瓦版」 は、15分弱の短編シリーズ。前の2本はTVで放送され、後の2本はOVAで発売。

  「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」 は、2015年に生誕100年を迎えたオーソン・ウェルズのドキュメンタリー。
 正式な原題は 「MAGICIAN:THE ASTONISHING LIFE AND WORK OF ORSON WELLES」 。

『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) を読む。
遅々としてあまり進まず・・・。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


最近は猟奇的だったり、何かヘンだったり・・・

2018/04/15 08:12
画像 『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』
1969年/東映/CS版:92分
監督:石井輝男
脚本:石井輝男/他
撮影:わし尾元也
出演:吉田輝雄/中村律子/他

画像 『魔性の夏 四谷怪談・より』
1981年/松竹/BS版:95分
監督:蜷川幸雄
原作:鶴屋南北
脚本:内田栄一
出演:萩原健一/関根恵子/他

画像 『空の大怪獣ラドン』
1956年/東宝/BS版:82分
監督:本多猪四郎
原作:黒沼健
特技監督:円谷英二
出演:佐原健二/白川由美/他

画像 『劇場版 屍囚獄 起ノ篇』
2017年/「劇場版 屍囚獄」製作
委員会/CS版:75分
監督:城定秀夫
原作:室井まさね
出演:片山萌美/立花あんな/他

画像 『恐竜・怪鳥の伝説』
1977年/東映/CS版:92分
監督:倉田準二
脚本:伊上勝/他
撮影:塩見作治
出演:渡瀬恒彦/沢野火子/他


 最近は猟奇的だったり、何かヘンだったりする映画が多くなっています。

  「明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史」 は、解剖医を狂言回しに、明治、大正、昭和の 『ホテル日本閣事件』『阿部定事件』『小平事件』『お伝事件』 の4つの女性絡みの殺人事件を描く。

  「魔性の夏 四谷怪談・より」 は、ストーリーは原作に忠実ながら、キャラククターや台詞に現代的な視点を取り入れた蜷川幸雄版 「四谷怪談」 。
 直助とお袖を斬ったのは与茂七、お前だから。敵討ちにかまけてたのが原因であって、お岩と四谷左門の敵討ちはともかく、俺の家を滅茶苦茶にしたっていうのはおかしい。

  「空の大怪獣ラドン」 は、東宝の怪獣映画第3作目。
 でっかいヤゴはラドンの餌。

  「劇場版 屍囚獄 起ノ篇」 は、人気漫画を映画化したエロティックホラーの前編。と、言ってもエロは殆ど無い。 「結ノ篇」 はまだ持っていません。

  「恐竜・怪鳥の伝説」 は、 『ジョーズ』 を発端にしたパニック映画ブームに便乗した映画。富士五湖の西湖、精進湖を舞台にランフォリンクスとプレシオサウルスが戦う。

『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) を読む。
遅々としてあまり進まず・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


難儀な陽気は困りもの

2018/04/08 08:14
画像 『ブレードランナー 2049』
[BLADE RUNNER 2049]
2017年/アメリカ/Blu-ayban:163分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原案:ハンプトン・ファンチャー
出演:ライアン・ゴズリング/他

画像 『にっぽん'69 セックス猟奇地帯』
1969年/東映/CS版:93分
監督:中島貞夫
構成:中島貞夫/竹中労
撮影:赤塚滋
ナレーション:西村晃

画像 『地上』
[GRASS:A NATION'S BATTLE FOR LIFE]
1925年/アメリカ/CS版:63分
監督:メリアン・C・クーパー
   :アーネスト・B・シュードサック
撮影:マーガレット・ハリソン

画像 『女優と名探偵』
1950年/松竹/CS版:31分
監督:川島雄三
原案:瑞穂春海
脚本:中山隆三
出演:日守新一/西條鮎子/他

画像 『夢を召しませ』
1950年/松竹/CS版:72分
監督:川島雄三
原作:菊田一夫
脚本:長瀬喜伴
出演:秋月恵美/芦原千津子/他


 暑くなったかと思えば、涼しくなって、蒸し暑い・・・。
 難儀な陽気で困りもの・・・。

  「ブレードランナー 2049」 は、 『ブレードランナー』 の35年ぶりの続編。
 今回はジョーが雪の中で死んだ。 「バイオハザード」 とかみたいに、話を肥大させてレプリカントと人間の全面戦争とかは止めようね。

  「にっぽん'69 セックス猟奇地帯」 は、セックスドキュメント第1弾。
 と言っても、ほぼ当時の文化・風俗のドキュメンタリー。企画が岡田茂と言う事は 『世界猟奇地帯』 あたりをパクらせたのかな、と・・・。

  「地上」 は、ペルシャの遊牧民バフティヤーリ族の5万人の人間と50万頭の家畜による、4500mを超えるザグロス山脈越えの過酷な様子を撮影したドキュメンタリー。山越えは定期的に行われていたとの事。

  「女優と名探偵」 は、監督9作目。
 貧困に喘ぐ探偵が賞金の懸かった女スリを捕まえるという単純明快な物語。主な舞台が松竹大船撮影所内なので、佐野周二、笠智衆、堺駿二、佐田啓二、佐分利信、田中絹代、木暮実千代、高峰三枝子、淡島千景などの特別出演が豪華。当時の松竹大船ってこんな感じなのかというのが見所。

  「夢を召しませ」 は、監督8作目。
 松竹歌劇団を総動員し、川島雄三を絶望させたミュージカル映画。早送りとスローモーション、アニメーションを導入している。
 やっぱり、ちゃっちい西遊記みたいな脚本が・・・・。

『キマイラ13 堕天使変』 (夢枕獏/朝日ノベルズ) を読む。
遅々としてあまり進まず・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク



陽明雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる