アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
陽明雑記
ブログ紹介

画像 ダラダラ、ズルズル不定期更新。
 画像は、待ち受けにすると御利益あるという 「伊勢神宮の御来光」 。
 文字色は、「リンク1」「リンク2」「吹き出し」「複合等」
 カーソルの変化等で区別できますが、記事の日時によって表示が異なります。詳しくは更新記録参照。

 基本的にリンクフリーです。バナーはご自由にお使い下さい。
-since 2005-
zoom RSS

最初以外はシリーズ

2017/12/17 08:08
画像 『鬼畜大宴会』
1997年/伏龍同盟、鬼プロ/DVD版:112分
監督:熊切和嘉
脚本:熊切和嘉
撮影:橋本清明
出演:杉原敏行/小曽木健太郎/他

画像 『処女のはらわた』
1986年/にっかつ/DVD版:72分
監督:ガイラ
脚本:ガイラ
撮影:伊藤昭裕
出演:木築沙絵子/萩尾なおみ/他

画像 『美女のはらわた』
1986年/にっかつ/DVD版:68分
監督:ガイラ
脚本:ガイラ
撮影:大澤栄一
出演:小沢めぐみ/石井絢子/他

画像 『拷問貴婦人』
1987年/にっかつ/DVD版:70分
監督:ガイラ
脚本:ガイラ
撮影:伊藤昭裕
出演:麻野桂子/木築沙絵子/他

画像 『TRICK 劇場版』
2002年/東宝/DVD版:119分
監督:堤幸彦
脚本:蒔田光治
撮影:斑目重友
出演:仲間由紀恵/阿部寛/他

画像 『TRICK 劇場版2』
2006年/東宝/DVD版:111分
監督:堤幸彦
脚本:蒔田光治
撮影:斑目重友
出演:仲間由紀恵/阿部寛/他

画像 『劇場版TRICK
霊能力者バトルロイヤル』

2010年/東宝/DVD版:119分
監督:堤幸彦
脚本:蒔田光治
出演:仲間由紀恵/阿部寛/他

画像 『TRICK劇場版 ラストステージ』
2014年/東宝/DVD版:112分
監督:堤幸彦
脚本:蒔田光治
撮影:斑目重友
出演:仲間由紀恵/阿部寛/他


 冬晴れでも気温が上がらず、窓際以外は寒い。
 「〜はらわた」 はシリーズ。 「TRICK」 もシリーズ。

  「鬼畜大宴会」 は、左翼過激派グループが内部分裂と粛清の繰り返しで自己崩壊していく様子を描いた映画。

  「処女のはらわた」 は、スプラッター・エロスムービー第一弾。
 別名 「アダルト版13日の金曜日」 。ガイラ「は小水一男のペンネーム。

  「美女のはらわた」 は、スプラッター・エロスムービー第二弾。
 女医の復讐劇。

  「拷問貴婦人」 は、厳密にはシリーズではないそうだが、第三弾。

  「TRICK 劇場版」 は、劇場第一作。
 糸節村での神様対決。

  「TRICK 劇場版2」 は、劇場第二作。
 シリーズ最終作のはずだったが、この後も続いた。筐神島でゆーとぴあ。

 「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」 は、劇場第三作。
 万練村で新カミハエーリ決定戦。

  「TRICK劇場版 ラストステージ」 は、劇場第四作。
 赤道スンガイ共和国でボノイズンミ”と対決。

『QED 〜ortus〜 白山の頻闇』 (高田崇史/講談社ノベルス) を読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寒い、寒い、寒い

2017/12/10 08:01
画像 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
2007//CS版:190分
監督:若松孝二
原作:掛川正幸
脚本:若松孝二/掛川正幸
出演:坂井真紀/ARATA/他

画像 『戦国自衛隊』
1979年/角川/BS版:138分
監督:斉藤光正
原作:半村良
脚本:鎌田敏夫
出演:千葉真一/中康治/他

画像 『太陽を盗んだ男』
1979年/東宝/BS版:147分
監督:長谷川和彦
原案:レナード・シュレイダー
脚本:長谷川和彦/他
出演:沢田研二/菅原文太/他

画像 『炎のごとく』
1981年/東宝/BS版:147分
監督:加藤泰
原作:飯干晃一
脚本:加藤泰
出演:菅原文太/倍賞美津子/他

画像 『陰陽師U』
2003年/東宝/DVD版:115分
監督:滝田洋二郎
原作:夢枕獏
脚本:夢枕獏/他
出演:野村萬斎/伊藤英明/他

画像 『亡霊怪猫屋敷』
1958年/新東宝/DVD版:69分
監督:中川信夫
原作:橘外男
脚色:藤島二郎/石川義寛
出演:五月藤江/ 細川俊夫/他

画像 『怪談佐賀屋敷』
1953年/大映/DVD版:97分
監督:荒井良平
脚本:木下藤吉
撮影:牧田行正
出演:入江たか子/坂東好太郎/他

画像 『獄門島』
1977年/東宝/DVD版:141分
監督:市川崑
原作:横溝正史
脚本:久里子亭
出演:石坂浩二/司葉子/他


 寒い。急激に冷え込むようになってきたような・・・。
 正月頃はやはり暖冬かな・・・。

  「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 は、若松孝二自身の集大成とも位置づけている映画。
 あさま山荘事件は、TVで一日中放送していたのを憶えている・・・。

  「戦国自衛隊」 は、1979年版。日本初のアクション監督は千葉真一。
 SF作品でありながら、青春映画として企画されたという変なエピソードをもつ作品。61式戦車のレプリカは、撮影後に映画館の前に陳列された後に半村良に進呈しようとして断られている。
 途中まで憶えていたものの、ラストはキレイさっぱり忘れていた。

  「太陽を盗んだ男」 は、原爆を作って政府を脅迫するサスペンス映画。
  「天皇陛下に息子を返していただく」 のバスジャックを妙に鮮明に憶えていて、何の映画だったかをすっかり忘れていたという・・・。

  「炎のごとく」 は、加藤泰の最後の劇映画。
 、幕末の京都を舞台に、侠客・会津の小鉄と京都の町の人々を、天誅横行、池田屋事件、蛤御門の変などを背景に描いている。
 コメディタッチの時代劇。

  「陰陽師U」 は、続編。
 前作は真田広之、今作は中井貴一。

  「亡霊怪猫屋敷」 は、佐賀の化け猫をモチーフに、現代にまで連なる因縁を描いた怪談物語。
 化け猫映画一本目。出来は悪くないがコンパクトに纏まっている分、アッサリ目でスッキリしている。もう少し長くてもよかったかも。

  「怪談佐賀屋敷」 は、講談 「鍋島怪猫記」 の映画化。
 二本目。怪談なんだけど、丁寧な作りで落ち着いた雰囲気の映画。

  「獄門島」 は、市川崑&石坂浩二のシリーズ第3作。
 横溝正史で、市川崑で、石坂浩二。

『大江戸神仙伝』 (石川英輔/講談社文庫) を読了。
『QED 〜ortus〜 白山の頻闇』 (高田崇史/講談社ノベルス) を読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


仕事しながらは邦画が多い

2017/12/03 07:57
画像 『陸軍中野学校 開戦前夜』
1968年/大映/BS版:89分
監督:井上昭
脚本:長谷川公之
撮影:武田千吉郎
出演:市川雷蔵/小山明子/他

画像 『メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い』
1986年/A.I.C/CS版:80分
監督:板野一郎
原作:石黒昇
脚本:星山博之
声優:矢尾一樹/川村万梨阿/他

画像 『濡れた唇』
1972年/日活/CS版:75分
監督:神代辰巳
脚本:こうやまきよみ/他
撮影:姫田真佐久
出演:絵沢萠子/相川圭子/他

画像 『日本暗殺秘録』
1969年/東映/CS版:142分
監督:中島貞夫
原作:鈴木正
脚本:笠原和夫/中島貞夫
出演:千葉真一/高倉健/他

画像 『未来世紀ブラジル』
[BRAZIL]
1985年/英、米/CS版:142分
監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム/他
出演:ジョナサン・プライス/他

画像 『鴛鴦歌合戦』
1939年/日活/NHK-BS:69分
監督:マキノ正博
脚本:江戸川浩二
撮影:宮川一夫
出演:片岡千恵蔵/市川春代/他

画像 『妻は告白する』
1961年/大映/BS版:91分
監督:増村保造
原作:円山雅也
脚本:井手雅人
出演:若尾文子/川口浩/他


 12月突入。天気があまり良くなく、寒い日が多い。
 キューブリック週間が終わったので通常通り。仕事しながらだと字幕を観なくても済む邦画が多くなる。BS、CS版だと吹替え版ではない事が殆どなので字幕です。

  「陸軍中野学校 開戦前夜」 は、シリーズ第五作で、最終作。
 真珠湾攻撃を目前に、情報をめぐる攻防。シリーズがまだ続きそうな終わり方。公開と同年6月に市川雷蔵の直腸癌が判明し、翌年7月に死去しているので、何事もなければ続いていたのかもしれない・・・。

  「メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い」 は、監督デビュー作。

  「濡れた唇」 は、ロマンポルノ。
 コーラの瓶で男を殺害して逃亡。破滅型のカップルの映画。女はライ干され、男は事情を知らずに朝の街に取り残される。
 神代辰巳は後に 「ロマンポルノの帝王」 と呼ばれ、田中登と共にロマンポルノのエースとなる。

  「日本暗殺秘録」 は、日本の暗殺百年史である幕末・明治・大正・昭和の四代に勃発してきた各事件を題材にしたオールスター総出演映画。
 血盟団事件が全体の大部分を占め、他の事件は暗殺の瞬間をメインにしている。順番は、桜田門外の変、紀尾井坂の変、大隈重信遭難事件、星亨暗殺事件、安田善次郎暗殺事件、ギロチン社事件、血盟団事件、相沢事件、二・二六事件。

  「未来世紀ブラジル」 は、20世紀フォックス版
  『バンデットQ』 に始まり、 『バロン』 で終わる3部作の2作目。3作共通のテーマは、 「ぶざまなほど統制された (awkwardly ordered) 人間社会の狂気と、手段を選ばずそこから逃げ出したいという欲求」 。

  「鴛鴦歌合戦」 は、戦時中に作られたモダン時代劇で、台詞が会話から掛け合いの歌合戦になるサムライオペレッタ。
 脚本の 「江戸川浩二」 はマキノ正博のペンネーム。この時31歳、監督歴13年、監督作113本目。

  「妻は告白する」 は、増村保造と若尾文子のコンビによる最高傑作と言われる映画。若尾文子にとって一番印象に残る作品だとの事。

『日本探偵小説全集〈4〉 夢野久作集』 (夢野久作/創元推理文庫) を読む。
『大江戸神仙伝』 (石川英輔/講談社文庫) を再読。
「ドグラマグラ」 は青空文庫版で読み始めて、文庫版、Kindle版経由で文庫版に戻って続きを読んで・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キューブリック週間3

2017/11/26 08:32
画像 『バリー・リンドン』
[BARRY LYNDON]
1975年/イギリス/BS版:186分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ウィリアム・メイクピース・サッカレー
出演:ライアン・オニール/他

画像 『シャイニング』
[THE SHINING]
1980年/イギリス/BS版:143分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:スティーヴン・キング
出演:ジャック・ニコルソン/他

画像 『フルメタル・ジャケット』
[FULL METAL JACKET]
1987年/アメリカ/BS版:116分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:グスタフ・ハスフォード
出演:マシュー・モディーン/他

画像 『アイズ・ワイド・シャット』
[EYES WIDE SHUT]
1999年/アメリカ/BS版:159年
監督:スタンリー・キューブリック
原作:アルトゥール・シュニッツラー
出演:トム・クルーズ/他

画像 『OMNIBUS:Mr. Lincoln』
[OMNIBUS:Mr. Lincoln]
1952〜53年/BBC/DVD版:75分
ディレクター:ノーマン・ロイド
脚本:ジェームズ・エイジー
出演:ロイヤル・ダノ/他


  「バリー・リンドン」 はビスタ版。オリジナルは4:3。
 蹴り返し流れるヘンデルの 「サラバンド」 。元々がハープシコード組曲なのを音楽のレナード・ローゼンマンがオーケストラ用にアレンジしたっていうんで、サントラ 『Barry Lyndon』 をあちこち探し回りました・・・。
 この映画を見た黒澤明がにキューブリックにお褒めの手紙を書いている。
 手紙に感激したキューブリックが返事に何か月も費やしている間に黒澤明が死去したとの事。

  「シャイニング」 は完全版。
 原作のスティーブン・キングは怒りまくり。あまりにも気に入らなかったので自分でドラマ化したものの、キング作品の映画ランキングではベスト10外、2013年2015年にはワースト5入り。2017年もベスト10入りしていない。

  「フルメタル・ジャケット」 は、ベトナム戦争を題材にした戦争映画。

  「アイズ・ワイド・シャット」 は、スタンリー・キューブリックの遺作。
 撮影期間46週 (休暇を含めて400日) は、 「撮影期間最長の映画」 部門でギネスブックに認定されている。

  「OMNIBUS:Mr. Lincoln」 は海外版DVDなので字幕、吹替え無し。
 オリジナルは、全5回 (各55分) 、DVDはPart.1〜Part.3までの総集編。
 スタンリー・キューブリックがPart.1でセカンド・ユニットのディレクターを担当。全5回を通じてディレクターはノーマン・ロイド。
 この動画サイトから考えると、リンカーンのケンタッキー時代を中心とした幼年期がキューブリックの担当となるようなので、DVDのPart.1 (33分) は殆どがキューブリック。

『御家人斬九郎』 (柴田錬三郎/集英社文庫) 、 『裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト』 (宮澤伊織/ハヤカワ文庫) 読了。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キューブリック週間2

2017/11/19 08:08
画像 『スパルタカス』
[SPARTACUS]
1960年/アメリカ/BS版:198分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ハワード・ファスト
出演:カーク・ダグラス/他

画像 『ロリータ』
[LOLITA]
1961年/イギリス/BS版:153分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ウラジミール・ナボコフ
出演:ジェームズ・メイソン/他

画像 『博士の異常な愛情』
[DR. STRANGELOVE]
1964年/英、米/BS版:93分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ピーター・ジョージ
出演:ピーター・セラーズ/他

画像 『2001年宇宙の旅』
[2001:A SPACE ODYSSEY]
1968年/米、英/BS版:149分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:アーサー・C・クラーク
出演:ケア・デュリア/他

画像 『時計じかけのオレンジ』
[A CLOCKWORK ORANGE]
1971年/イギリス/BS版:137分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:アンソニー・バージェス
出演:マルコム・マクダウェル/他


 キューブリック週間の2週目。
 この辺から時間が長くなるので本数がいかない・・・。
 また、メジャー過ぎるモノも出てくるので、特にアレコレと書く事もない・・・。
 世の中には、詳しいファンが一杯いるのでそちらを参照の事。

  「スパルタカス」 は、完全復元版。
 キューブリックは最後まで自分の映画だとは認めなかった映画。
 他の映画もそうだけど、ダルトン・トランボの脚本って大味って言うか、大雑把。つまらない訳ではないが、キューブリックのアングルが見所。

  「ロリータ」 は、ナボコフの脚本が長過ぎて7時間以上になる事から2割ほどを使い、規制やらカトリック教会の抗議やらでエロティックな面を表現できなかったのが反省点の映画。
 キューブリックが全てを度外視してまともに映画にしたら10時間以上なったんだろうな、多分。とあるサイトの、ロリータからの手紙のキャプション 「結婚して妊娠した、カネ送れ ロリータ。 はぁ〜?」 が面白かった。

  「博士の異常な愛情」 は、核戦争が勃発し、人類滅亡に至るさまを描くブラックコメディ。キューブリック最後の白黒作品

  「2001年宇宙の旅」 は、劇場初公開版
  映画を観て感激したフェリーニはキューブリックに電報を送っている。

  「時計じかけのオレンジ」 は、荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会のジレンマを描いた風刺作品。
 上の二本と合わせてキューブリックのSF三部作。
 小説は全21章からなるが、アメリカで最初に出版された際に最終章の第21章が削除されて出版された。映画は最終章の無い、この版を元に製作。
 最終章があるのと、ないとでは、印象は相当大きく異なる。

『御家人斬九郎』 (柴田錬三郎/集英社文庫) 、 『裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト』 (宮澤伊織/ハヤカワ文庫) を読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キューブリック週間1

2017/11/12 08:01
画像 『追悼のざわめき』
1988年/欲望プロダクション/DVD版:150分
監督:松井良彦
脚本:松井良彦
撮影:手塚義治/j他
出演:佐野和宏/他

画像 『革命前夜』
[PRIMA DELLA RIVOLUZIONE]
1964年/イタリア/BS版:112分
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
脚本:ベルナルド・ベルトルッチ
出演:フランチェスコ・バリッリ/他

画像 『拳闘試合の日』
[DAY OF THE FIGHT]
1951年/アメリカ/海外版DVD:16分
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック
出演:ウォルター・カルティエ/他

画像 『空飛ぶ牧師』
[FLYING PADRE]
1951年/アメリカ/海外版DVD:9分
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック
出演:ボブ・ハイト

画像 『海の旅人たち』
[THE SEAFARERS]
1952年/アメリカ/海外版DVD:29分
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック
出演: ドン・ホレンベック/他

画像 『恐怖と欲望』
[FEAR AND DESIRE]
1953年/アメリカ/BS版:62分
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:ハワード・サックラー
出演:ケネス・ハープ/他

画像 『非情の罠』
[KILLER'S KISS]
1955年/アメリカ/BS版:67分
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック
出演:フランク・シルヴェラ/他

画像 『現金に体を張れ』
[THE KILLING]
1956年/アメリカ/BS版:85分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ライオネル・ホワイト
出演:スターリング・ヘイドン/他

画像 『突撃』
[PATHS OF GLORY]
1957年/アメリカ/BS版:86分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:ハンフリー・コッブ
出演:カーク・ダグラス/他


 今週は突然思い立ったので、スタンリー・キューブリック週間1。
 日曜日のブログ更新後に映画を二本観た後に思い立ったので、最初の二本は別。初期三本は海外版なので日本語字幕、吹替え無し。

  「追悼のざわめき」 は、マネキンにとり憑かれた男の幻想譚。
 フィルムは各国税関でストップ、ある国では試写で映写技師が嘔吐、予定していた海外上映は全て中止。先行試写会では、途中で気分が悪くなり続々と退室する者が出て、 「とにかく汚い」 と酷評された。近親相姦、食人、屍姦など・・・、タブー表現のデパートと言われている。
 オリジナルでラストに流れた曲は、桜田淳子の 「わたしの青い鳥」

  「革命前夜」 は、デジタルリマスター版。
 スタンダールの [パルムの僧院」 を基にして、 「孤独な天使tたち」 の50年前に撮っ自伝的要素の強い映画。
 感情や行動を表現するようなカメラワークがステキ。

  「拳闘試合の日」 は、監督デビュー作。ドキュメンタリー。

  「空飛ぶ牧師」 は、監督第二作。ドキュメンタリー。

  「海の旅人たち」 は監督第三作。ドキュメンタリー。

  「恐怖と欲望」 は、劇映画デビュー作。架空の国の戦争映画。
  「アマチュアの仕事」 として、自ら封印してしまっていた作品。

  「非情の罠」 は、完全版。フィルム・ノワール。
 ヒッチコック的。マネキン倉庫での死闘。

  「現金に体を張れ」 は、フィルム・ノワール。
 日本でTV放送された時のタイトルは 『華麗なる完全犯罪 競馬場現金強奪作戦』

  「突撃」 は、戦争映画。ヨーロッパ・ビスタ。オリジナルは4:3。
 ラストの部分のシナリオは一悶着あった。映画と客に迎合したというラストのどちらが良い出来なのかは不明。カーク・ダグラスは前者に惚れ込んで出演を快諾したので、激怒して元のシナリオに戻させた。

『御家人斬九郎』 (柴田錬三郎/集英社文庫) を読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


仕事中は恐竜

2017/11/05 08:50
画像 『赤線地帯』
1956年/大映/NHK-BS版:86分
監督:溝口健二
原作:芝木好子
脚本:成沢昌茂
出演:京マチ子/若尾文子/他

画像 『お葬式』
1984年/ATG/BS版:124分
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
出演:山崎努/宮本信子/他

画像 『地獄変』
19969年/東宝/BS版:96分
監督:豊田四郎
原作:芥川龍之介
脚本:八住利雄
出演:中村錦之助/仲代達矢/他

画像 『ジュラシック・パーク』
[JURASSIC PARK]
1993年/アメリカ/BS版:127分
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:マイケル・クライトン
出演:リチャード・アッテンボロー/他

画像 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
[THE LOST WORLD: JURASSIC
PARK]
1997年/アメリカ/BS版:129分
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ジェフ・ゴールドブラム/他

画像 『ジュラシック・パークV』
[JURASSIC PARKV]
2001年/アメリカ/BS版:94分
監督:ジョー・ジョンストン
原作:マイケル・クライトン
出演:サム・ニール/他

画像 『ジュラシック・ワールド』
[JURASSIC WORLD]
2015年/アメリカ/BS版:125分
監督:コリン・トレヴォロウ
脚本:リック・ジャッファ/他
出演:クリス・プラット/他


 木枯らし一号が吹いて晩秋もしくは初冬。
 今週は仕事中のBGVに恐竜四作。

  「赤線地帯」 は、溝口健二の最後の監督作品。吉原の最期の日々と、そこに生きる娼婦たちの過酷な運命を描いた作品。
 男から金を騙し取ったり、縁を切られて気が狂ったり、結婚から逃げ帰ったり、新たに娼婦になったり・・・。人それぞれ。

  「お葬式」 は、伊丹十三の監督デビュー作。
 伊丹十三作品ではこれが一番面白い。

  「地獄変」 は、説話集 『宇治拾遺物語』 の 「絵仏師良秀」 を、芥川龍之介アレンジした短編小説が原作。
 娘を生きたまま焼かれる絵師と焼く事を命じる大殿の執念と意地の対立。
 裸の少年を鎖で縛ったり、少々ヤバイシーン有り。面白い。

  「ジュラシック・パーク」 は、バイオテクノロジーを駆使して蘇らせた恐竜たちによるパニック・サスペンス。シリーズ一作目。
 単純明快娯楽作。マルコム博士。

  「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」 は、シリーズ二作目。
 単純明快娯楽作。マルコム博士。

  「ジュラシック・パークV」 は、シリーズ三作目。
 つまらない。一作目に出てきたグラント博士。

  「ジュラシック・ワールド」 は、シリーズ四作目。
 原点回帰の娯楽作。遺伝子組換え恐竜。
 シリーズ五作目は 『ジュラシック・ワールド/フォールン・キングダム』

『ウィザードリィ日記』 (矢野徹/角川文庫:Kindle版) 読了。
『ドグラ・マグラ』 (夢野久作/青空文庫:Kindle版) の続きを読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク



陽明雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる