アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
陽明雑記
ブログ紹介

画像 ダラダラ、ズルズル不定期更新。
 画像は、待ち受けにすると御利益あるという 「伊勢神宮の御来光」 。
 文字色は、「リンク1」「リンク2」「吹き出し」「複合等」
 カーソルの変化等で区別できますが、記事の日時によって表示が異なります。 [更新記録]

 基本的にリンクフリーです。バナーはご自由にお使い下さい。
-since 2005-
zoom RSS

秋の気配が漂う

2018/09/16 08:29
画像 『第九軍団のワシ』
[THE EAGLE]
2010年/英、米/NHK-BS版:114分
監督:ケヴィン・マクドナルド
原作:ローズマリ・サトクリフ
出演:チャニング・テイタム/他

画像 『貞子vs伽椰子』
2016年/KADOKAWA/CS版:99分
監督:白石晃士
脚本:白石晃士
撮影:四宮秀俊
出演:山本美月/玉城ティナ/他

画像 『バーバレラ』
[BARBARELLA]
1967年/仏、伊、米/CS版:102
監督:ロジェ・ヴァディム
原作:ジャン=クロード・フォレスト
出演:ジェーン・フォンダ/他

画像 『地球防衛軍』
1957年/東宝/BS版:88分
監督:本多猪四郎
特技監督:円谷英二
原案:丘美丈二郎
出演:佐原健二/平田昭彦/他

画像 『虜2 -監禁島-』
1995年/イメージファクトリー・アイエム/CS版:86分
監督:桑原昌英
原作:我妻正義
脚本:我妻正義
出演:平沙織/水島裕子/他


 秋めいてきたので過しやすくなったようで、やはり閉め切ると蒸し暑い。
 もう少しするともっと過しやすくなりそうな気もするけど、暑くなるのかも・・・。

  「第九軍団のワシ」 は、父の汚名を濯ぎ鷲旗を取り戻す旅を描いている。
 西暦9年のトイトブルク森の戦いが元ネタかと思われる。

  「貞子vs伽椰子」 は、Jホラーの2大ヒロインを登場させたホラー映画。
 2つの呪いを解くための秘策は貞子と伽椰子を激突させるというものだったが、ラストは合体してサヤコ? サカコ?

  「バーバレラ」 は、J=C・フォレストの大人向けSF漫画の映画化。
 主人公が銀河系をめぐりながら、性的なものを含む多くのアドヴェンチャーを行うエロティックSF娯楽作品。ミュージカル・バージョンも上演され、イギリスのバンド 「デュラン・デュラン」 はこの映画の登場人物に由来。

  「地球防衛軍」 は、宇宙人との戦いを科学の未来というキーワードで描いたSF映画。特撮ものとしては初めてワイドスクリーン版東宝スコープを採用。
 兵器デザインは小松崎茂。

  「虜2 -監禁島-」 は、Vシネマ・サディスティック・シリーズの2作目。
 絶海の孤島に拉致された美人キャスターと元女性担任教師の愛憎劇。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ティント・ブラスか、カリギュラか・・・

2018/09/09 08:36
画像 『IT/イット』
[IT]
1990年/アメリカ/BS版:188分
監督:トミー・リー・ウォーレス
原作:スティーヴン・キング
出演:リチャード・トーマス/他

画像 『カリギュラ』
[CALIGULA]
1980年/アメリカ/Blu-ray版:156分
監督:ティント・ブラス/他
脚本:ゴア・ヴィダル
出演:マルコム・マクダウェル/他

画像 『サロン・キティ』
[SALON KITTY]
1976年/伊、仏、西独/124分
監督:ティント・ブラス
脚本:エンニオ・デ・コンチーニ/他
出演:ヘルムート・バーガー/他

画像 『カリギュラV』
[ROMA L'ANTICA CHIAVE DEI SENSI]
1984年/イタリア/DVD版:88分
監督:ローレンス・ウェッバー
脚本:ダン・ケリー/フランク・クレイマー
出演:ロバート・グリゴロフ/他

画像 『新・カリギュラ』
[CALIGULA AND MESSALINA]
1982年/伊、仏/DVD版:102分
監督:アンソニー・パス/ブルーノ・マッティ
脚本:アンソニー・パス
出演:ウラジミール・ブラジョビック/他


 最初の1本以外は、ティント・ブラスか、カリギュラ・・・。
  「カリギュラU」 は先週、観ちゃったので今週は無し 。

  「IT」 は、ピエロのペニーワイズによって恐怖に陥れられた七人の物語を、幼年期の前編と、再会した大人期の後編により構成したTV映画。三時間かけてやっちゃった感のあるラスト。ホラー版 『スタンド・バイ・ミー』
 続いて 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 を観ようかと思ったけど、映画は前半のみで後半は来年公開との事なので先延ばし・・・。

  「カリギュラ」 は、46億円の製作費を投じた歴史超大作ハードコアポルノ。
 出演者はポルノだと知らされず、脚本家はスタジオから閉め出され、監督は編集室に入れてもらえず、ボブ・グッチョーネとジャンカルロ・ルイが好き勝手に濡れ場をぶち込んみ、試写で観たティント・ブラスを愕然とさせた映画。

  「サロン・キティ」 は、第二次大戦中に実在した高級娼館をモデルにした官能エロス映画だが、ファシズムへの批判が込められている。
  『地獄に堕ちた勇者ども』 を強く意識している。日本では、「ナチ女秘密警察 SEX親衛隊」 、 「サロン・キティ/ナチ高級娼婦たちの館」 、 「鉄十字の愛人」 などのタイトルが付けられている。

  「カリギュラV」 は、ローマ皇帝カリギュラの半生を描いているが史実とはほぼ無縁。製作がフランスとなっていたりするが、IMDbによるとイタリア。ポルノ映画に分類されていたりするが濡れ場と言えるシーンは無い。

  「新・カリギュラ」 は、ローマ皇帝カリギュラを取り巻く女たちの渦巻く欲望や嫉妬を主に描いたエロ映画。
 カリギュラとメッサリーナというよりアグリッピナが影の主役のようなお話。IMDbによると、オリジナルはカリギュラに近づき、クラウディウスと結婚した後のメッサリーナの生活をメインに描いたもので155分あるらしい・・・。

『映画を食べる』 (池波正太郎/河出文庫) を読む。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


まだまだ続くホラー映画

2018/09/02 08:08
画像 『リング』
1998年/東宝/CS版:95分
監督:中田秀夫
原作:鈴木光司
脚本:高橋洋
出演:松嶋菜々子/真田広之/他

画像 『悪魔のいけにえ』
[THE TEXAS CHAIN SAW
MASSACRE]
1974年/アメリカ/DVD版:84分
監督:トビー・フーパー
出演:マリリン・バーンズ/他

画像 『ハンガー』
[THE HUNGER]
1983年/イギリス/DVD版:96分
監督:トニー・スコット
原作:ホイットリー・ストリーバー
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/他

画像 『THE FOG』
[THE FOG]
2005年/米、/DVD版:99分
監督:ルパート・ウェインライト
脚本:クーパー・レイン
出演:トム・ウェリング/他

画像 『カリギュラU』
[CALIGULA II]
1982年/イタリア/DVD版:100分
監督:デヴィッド・ヒルズ
脚本:リチャード・フランクス/他
出演:デヴィッド・ケイン・ホートン/他


 まだまだ続くホラー映画。
 最後は違うけど・・・。

  「リング」 は、見た者を1週間後に呪い殺す 「呪いのビデオテープ」 の謎を追うホラー映画。原作小説のミステリーの部分は省略されている。

  「悪魔のいけにえ」 は、5人の男女が殺人鬼一家に襲われ殺害されていく様子が描かれたホラー作品。BGMが一切使用されていない。

  「ハンガー」 は、女吸血鬼と彼女の力で若さを保つ青年を描いたホラー。
 何度観ても、最後の 「セーラ」 の絶叫は要らない・・・。

  「THE FOG」 は、ジョン・カーペンター版のリメイク。
 怨念を抱えて霧と共に現われる死霊が港町を恐怖に陥れていく。

  「カリギュラU」 は、 前作の後日談風内容を取ったイタリア的便乗続編。
 後日談風と言っても、カリギュラは前作で暗殺されているので・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


台風19号、20号襲来

2018/08/26 08:17
画像 『豚小屋』
[PORCILE]
1969年/伊、仏/Blu-ray:98分
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ
出演:ピエール・クレマンティ/他

画像 『祈り』
[VEDREBA]
1967年/ソ連/映画館:78分
監督:テンギズ・アブラゼ
脚本:テンギズ・アブラゼ/他
出演:スパルタク・バガシュヴィリ/他

画像 『希望の樹』
[ДРЕВО ЖЕЛАНИЯ]
1976年/ソ連/映画館:107分
監督:テンギズ・アブラゼ
原作:ゲオルギー・アブラーゼ
出演:リカ・カヴジャラーゼ/他

画像 『懺悔』
[MONANIEBA]
1984年/ソ連/映画館:153分
監督:テンギズ・アブラゼ
脚本:テンギズ・アブラゼ/他
出演:アフタンディル・マハラゼ/他

画像 『ざくろの色』
[Նռան գույնը]
1968年/ソ連/Blu-ray:78分
監督:セルゲイ・パラジャーノフ/他
原案:セルゲイ・パラジャーノフ
出演:ソフィコ・チアウレリ/他

画像 『気狂いピエロ』
[PIERROT LE FOU]
1965年/仏、伊/Blu-ray版:111分
監督:ジャン=リュック・ゴダール
原作:ライオネル・ホワイト
出演:ジャン=ポール・ベルモンド/他


 台風が二つとも温帯低気圧になったので、週末は一気に気温が上昇・・・。
 暑い。

  「豚小屋」 は、中世を舞台に父親を殺し、人肉を喰い、喜びに震え若者と、戦後の西ドイツを舞台に豚との獣姦に何物にも代え難い愛を見出し、豚に喰われてしまう若者。同時進行で語られるこの二つの物語で構成された背徳の寓話。最後は無かったことにされる。

  「祈り」 は、祈り三部作の第一作目。
  ジョージア北東部の山岳地帯に住むキリスト教徒とイスラム教徒の対立を荘厳なモノクロ映像で描く。タイトル画像はインターネットでの拾いモノ。

 「希望の樹」 は、祈り三部作の第二作目。
 革命の気運が辺境のジョージアの村にも及び始めた頃、素朴な恋愛が悲劇的な終わりを告げる。タイトル画像は拾いモノ。

  「懺悔」 は、祈り三部作の第三作目。
 スターリン時代をある市に置き換え、一つの家族の悲劇として描き、、スターリン批判を展開した問題作。ゴルバチョフ政権が進めるペレストロイカの象徴的存在ともなり、大ヒットとなった。タイトル画像は拾いモノ。

  「ざくろの色」 は、アルメニア・ヴァージョン復元版。
 18世紀アルメニアで、その才能を認められた宮廷詩人サヤト・ノヴァの生涯を描いたパラジャーノフの代表作。セルゲイ・ユトケーヴィッチの再編集版より内容が分かりやすい。

  「気狂いピエロ」 は、『勝手にしやがれ』 と並ぶゴダールの代表作。
 退屈な生活から逃げ出したい衝動に駆られ、彼女と共に逃避行を始めるが裏切られて射殺。最後はダイナマイトを頭に巻いて爆死する。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今週もホラー&SF映画

2018/08/19 08:12
画像 『渚にて』
[ON THE BEACH]
1959年/アメリカ/BS版:135分
監督:スタンリー・クレイマー
原作:ネヴィル・シュート
出演:グレゴリー・ペック/他

画像 『悪魔の受胎』
[INSEMINOID]
1979年/イギリス/DVD版:94分
監督:ノーマン・J・ウォーレン
脚本:ニック・メイレイ/グロリア・メイレイ
出演:ジュディ・ギーソン/ロビン・クラーク/他

画像 『バーニング』
[THE BURNING]
1981年/米、/BS版:91分
監督:トニー・メイラム
原案:ハーヴェイ・ワインスタイン/他
出演:ブライアン・マシューズ/他

画像 『サラゴサの写本』
[REKOPIS ZNALEZIONY
W SARAGOSSIE]
1965年/ポーランド/DVD版:182分
監督:ヴォイチェフ・イエジー・ハス
出演:ズビグニエフ・チブルスキー/他

画像 『呪怨 -終わりの始まり-』
2014年/ダブル・フィールド/CS版:91分
監督:落合正幸
原案:清水崇
脚本:落合正幸/一瀬隆重
出演:佐々木希/青柳翔/他

画像 『呪怨 -ザ・ファイナル-』
2015年/ダブル・フィールド/CS版:89分
監督:落合正幸
原案:清水崇
脚本:落合正幸/一瀬隆重
出演:平愛梨/小林颯/他


 今週もホラー&SF映画ではあるが、 「サラゴサの写本」 は趣が違う。

  「渚にて」 は、米ソ冷戦下の真っ直中で製作された、核戦争後の放射能汚染の恐怖を淡々と描いSF小説の映画化。
 映画は原作からさまざまな点が大幅に変更されたため原作者からは嫌われていたとの事。SF映画の名作。

  「悪魔の受胎」 は、エロティックSFホラー作品。
 異星人に犯され妊婦となった女性隊員たちは胎児のエイリアンに支配され、次々を隊員を襲っていく。

  「バーニング」 は、キャンプ場に出現した殺人鬼の巨大なハサミに次々と学生達が犠牲になって行くスラッシャー映画
 配給である東宝東和は、殺人鬼クロプシーをなぜか 「バンボロ」 と勝手に命名した上、 「全米緊急指名手配中」 、絶叫で声帯や鼓膜が傷ついた際に 「絶叫保険」 が下りるなどのデタラメなコピーを付けて宣伝した。

  「サラゴサの写本」 は、デジタル修復版。
 幻想文学の古典と言われるヤン・ポトツキの小説の映画化。回想から回想へと、夢をそのまま映像化したような内容。最後はどんどんケリがついていく。

  「呪怨 -終わりの始まり-」 は、劇場版第5作。リブート版。
 小学校の学級担任・生野結衣が、不登校の生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問。家に足を踏み入れた事から不可解な現象が起こり始める。

  「呪怨 -ザ・ファイナル-」 は、シリーズ完結編。
 前作 「終わりの始まり」 のヒロイン・生野結衣の姉・麻衣が主人公。失踪した妹を捜す中、呪いは断ち切られたと告げられるが、それを境に次々と不可解な現象が起こり始める。

『降霊会の夜』 (浅田次郎/文春文庫) 、 『営繕かるかや怪異譚』 (小野不由美/角川文庫) を読む。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今週はカルトホラー&SF

2018/08/12 08:49
画像 『楠公父子 〜櫻井の訣別〜』
1921年/牧野教育映画製作所/CS版:15分
監督:牧野省三
原作:碧瑠璃園
出演:内田吐夢/常盤松代/マキノ正唯/他


画像 『サランドラ』
[THE HILLS HAVE EYES]
1977年/アメリカ/BS版:90分
監督:ウェス・クレイヴン
脚本:ウェス・クレイヴン
出演:スーザン・レイニア/他

画像 『地獄のモーテル』
[MOTEL HELL]
1980年/アメリカ/BS版:97分
監督:ケヴィン・コナー
脚本:ロバート・ジャッフェ/他
出演:ロリー・カルホーン/他

画像 『ラ・ジュテ』
[LA JETEE]
1962年/フランス/BS:29分
監督:クリス・マルケル
脚本:クリス・マルケル
出演:エレーヌ・シャトラン/他

画像 『デビルスピーク』
[EVILSPEAK]
1981年/アメリカ/BS版:93分
監督:エリック・ウェストン
原作:ジョセフ・ガロファロ
出演:クリント・ハワード/他


 今週は、最初の1本以外はカルトホラー&SF映画。

  「楠公父子 〜櫻井の訣別〜」 は、九州より攻め上がる足利尊氏に対し、湊川の戦いに赴く楠木正成との別れに息子・正行が桜井の駅に向かう物語。
 後の映画監督が出演。なぜかタイトルが上巻、下巻と続いて出る。

  「サランドラ」 は、 「戦慄のジョギリ・ショックがやってくる!」 のハッタリコピーで宣伝されたスプラッタ映画。ジョギリ目当ての観客を激怒させた。
 核の実験場を訪れた一家が異形の人間たちに襲われる恐怖譚。モデルはソニー・ビーンとその一家。

  「地獄のモーテル」 は、カリフォルニアのとあるリゾート地を舞台に、中年兄妹が経営するモーテルでの猟奇殺人を描くホラー映画。

  「ラ・ジュテ」 は、フォトロマンで製作したSF映画。
 第三次世界大戦後の世界を舞台に、廃墟になったパリで少年時代の記憶に取り憑かれた男の時間と記憶をめぐる物語。

  「デビルスピーク」 は、いじめの標的にされていた陸軍士官学校の生徒が悪魔崇拝の痕跡を発見し、コンピューターの力を借りて悪魔を呼び出し、いじめっ子に仕返しするホラー映画。
 悪魔教会の開祖であるアントン・ラヴェイは、非常にサタニックな映画だと絶賛したとの事。 「オーメン2」 の舞台で男版 「キャリー」 。子犬は可哀想だけど、引き金としては弱い。

『降霊会の夜』 (浅田次郎/文春文庫) 、 『営繕かるかや怪異譚』 (小野不由美/角川文庫) を読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏なのでホラー映画

2018/08/05 08:26
画像 『サスペリア』
[SUSPIRIA]
1977年/イタリア/Blu-ray版:99分
監督:ダリオ・アルジェント
脚本:ダリオ・アルジェント/他
出演:ジェシカ・ハーパー/他

画像 『エクソシスト』
[THE EXORCIST]
1973年/アメリカ/BS版:132分
監督:ウィリアム・フリードキン
原作:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
出演:エレン・バースティン/他

画像 『オーメン』
[THE OMEN]
1976年/アメリカ/DVD版:111分
監督:リチャード・ドナー
脚本:デヴィッド・セルツァー
出演:グレゴリー・ペック/他

画像 『キャリー』
[CARRIE]
1976年/アメリカ/Blu-ray版:98分
監督:ブライアン・デ・パルマ
原作:スティーヴン・キング
出演:シシー・スペイセク/他

画像 『回転』
[THE INNOCENTS]
1961年/イギリス/DVD版:100分
監督:ジャック・クレイトン
原作:ヘンリー・ジェームズ
出演:デボラ・カー/他

画像 『吸血鬼ドラキュラ』
[HORROR OF DRACULA]
1958年/イギリス/DVD:82分
監督:テレンス・フィッシャー
原作:ブラム・ストーカー
出演:クリストファー・リー/他

画像 『シャイニング』
[THE SHINING]
1980年/イギリス/DVD版:119分
監督:スタンリー・キューブリック
原作:スティーヴン・キング
出演:ジャック・ニコルソン/他


 猛暑の夏なのでホラー映画週間。でも、基本一作目のみ。
 前に観たからという事では無く、出来が良いのは一作目。リメイク版ではなくオリジナル版。

  「サスペリア」 は、魔女三部作の第一作。
 三姉妹の魔女の一人である 「溜息の母 (嘆きの母) 」 。

  「エクソシスト」 は、ディレクターズカット版。
 12才の少女に取り付いた悪魔と二人の神父の戦いを描いたホラー映画。悪魔に憑かれたカラス神父の名前はダミアンなので 「オーメン」 に続く。

  「オーメン」 は、三部作の一作目。
 悪魔の子ダミアンの出生の秘密を巡る物語。 キリスト教徒が作ったアンチ・キリスト映画。リメイク版は2006年6月6日に公開された。
 ダミアンは養子にいってソーンになった。養母がキャシーで、名前が似てるから次は 「キャリー」 。

  「キャリー」 は、スティーブン・キングのデビュー作で初の映画化作品。
 青春ホラー映画。映画の始めの方で、校長が名前を覚えず、キャリーをキャシーと呼んでいたのでOK。

  「回転」 は、生と死の境界を映画技術の可能性の中で追求しようとする作品。イギリスの古い屋敷を舞台とした幻想的なゴシックホラー。
  「妖精たちの森」 は前日譚。

  「吸血鬼ドラキュラ」 は、ハマー・プロのドラキュラ映画一本目。
 後は説明の必要無し。

  「シャイニング」 は、コンチネンタル・バージョン、16:9。

『降霊会の夜』 (浅田次郎/文春文庫) 、 『営繕かるかや怪異譚』 (小野不由美/角川文庫) を読む。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

陽明雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる