改めて観直したが・・・

画像 『GODZILLA』
[GODZILLA]
1998年/アメリカ/BS版:138分
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ローランド・エメリッヒ/他
出演:マシュー・ブロデリック/他

画像 『GODZILLA ゴジラ』
[GODZILLA]
2014年/アメリカ/BS版:123分
監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:マックス・ボレンスタイン
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン/他

画像 『乙女の汚れた裸』
[BEZ DOTEKU]
2013年/チェコ/BS版:73分
監督:マテイ・フルパチェク
脚本:ヤン・マザネツ
出演:クリストフ・ハーデク/他

画像 『アメリカン・サイコ』
[AMERICAN PSYCHO]
2000年/アメリカ/BS R-15版:102分
監督:メアリー・ハロン
原作:ブレット・イーストン・エリス
出演:クリスチャン・ベイル/他

画像 『生のさなかにも (ふくろうの河) 』
[AU COEUR DE LA VIE]
1962年/フランス/DVD版:94分
監督:ロベール・アンリコ
原作:アンブローズ・ビアス
出演:ロジェ・ジャッケ/他


 ローランド・エメリッヒ版の 「GODZILLA」 は改めて観直しても、エイリアン化した恐竜で・・・。本当に憧れのゴジラ映画・・・?
 ギャレス・エドワーズ版はちゃんとした怪獣映画。とても良い出来。

  「乙女の汚れた裸」 は、ギレルモ・デル・トロの何処かほのぼのとしたアンハッピーエンド映画 ( 「パンズ・ラビリンス」 など) を思い出す・・・。
  『生のさなかにも (ふくろうの河)』 としてあるけど、これはタイトルが解りにくかった・・・。映画の原題 『AU COEUR DE LA VIE』 (画像:) は、アンブローズ・ビアスの原作 『生のさなかにも』 の仏題 (原題:In the Midst of Life) 。
 三部作の内、 『ふくろうの河』 のみが日本で上映され、 『ミステリーゾーン』 のエピソード (Season5 Ep.22/第142話) として放送された事で、 これのみがメジャーになり、allcinemaなどのデータも 『ふくろうの河』 のみという・・・。
 三部作の各タイトル (画像:) と原作と原題は以下の通り~。

  一作目 『ものまね鳥』 L'oiseau moqueur 38分
       原作: 『ものまね鳥』 The Mocking-Bird
  二作目 『チカモーガ』 Chickamauga 29分
       原作: 『チカモーガ』 Chickamauga
  三作目 『ふくろうの河』 La Rivière du hibou 26分
       原作: 『アウル・クリーク橋の一事件』
       An Occurrence at Owl Creek Bridge

 で、橋の名前である 「アウル・クリーク」 (Owl Creek) が、 「ふくろうの河」 。

『剣客商売』 第1巻第24巻 (大島やすいち、原作:池波正太郎/リイド社) を再読。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック