ヘンな映画とカルト映画 1

画像 『バーバリアン怪奇映画特殊音響
効果製作所』

[BERBERIAN SOUND STUDIO]
2012年/イギリス/CS版:92分
監督:ピーター・ストリックランド
出演:トビー・ジョーンズ/他

画像 『ポランスキーの欲望の館』
[Che?]
1972年/伊、仏、西独/BS版:114分
監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ロマン・ポランスキー/他
出演:シドニー・ローム/他

画像 『ソイレント・グリーン』
[SOYLENT GREEN]
1973年/アメリカ/BS版:98分
監督:リチャード・フライシャー
原作:ハリー・ハリソン
出演:チャールトン・ヘストン/他

画像 『ダーク・スター』
[DARK STAR]
1974年/アメリカ/BS版:83分
監督:ジョン・カーペンター
脚本:ダン・オバノン/他
出演:ブライアン・ナレル/他

画像 『浮浪雲』
1978年/テレビ朝日/DVD版:全20回
演出:近藤久也
原作:ジョージ秋山
脚本:倉本聰
出演:渡哲也/桃井かおり/他


 今週はヘンな映画とカルトな映画。
 この路線は来週に続くー。

  「バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所」 は、サウンド・エンジニアを主人公にしたサイコスリラー。
 面白いのだが、何処に連れていかれるのか着地点が分からない映画。
 イタリアのホラー映画製作はずさんでクソだと言いたかったのか・・・?

  「ポランスキーの欲望の館」 は一部、即興で撮影されたコメディ映画。
 ポランスキーがおかしくなってた頃で面白い。前日と同じような事を繰り返したりするヘンな人達と館と裸で逃げて行く主人公の女。
 撮影場所はプロデューサーのカルロ・ポンティのアマルフィの別荘。

  「ソイレント・グリーン」 は、人口爆発により資源が枯渇し、格差が拡大した暗鬱な未来社会で起こる殺人事件とその背景を描いたSF映画。
 カルトな人気を誇る古典的名作。待っているのは食糧人類の飼育。漫画でありますね・・・。蛇足ながら、監督はマックス・フライシャーの息子。

  「ダーク・スター」 は、ジョン・カーペンターとダン・オバノンの学生時代の作品をリメイクしたSF。ジョージ・ルーカスの 「THX-1138」 に通じる。
 エイリアンとの追いかけっこが長い・・・。最後は爆弾の我思うゆえに我あり。

  「浮浪雲」 は仕事中のBGV。

『剣客商売 新装版 全21巻』 (池波正太郎/新潮文庫) を再読。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック