陽明雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 謹賀新年 平成三十年

<<   作成日時 : 2018/01/01 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 『麦秋』
1951年/松竹/NHK-BS版:124分
監督:小津安二郎
脚本:野田高梧/小津安二郎
撮影:厚田雄春
出演:原節子/笠智衆/他

画像 『幽霊繁盛記』
1960年/東宝/CS版:95分
監督:佐伯幸三
脚本:出雲直
撮影:伊東英朗
出演:フランキー堺/香川京子/他

画像 『家族の肖像』
[GRUPPO DI FAMIGLIA IN UN
INTERNO]
1974年/伊、仏/DVD版:121分
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター/他

画像 『イングリッシュ・ペイシェント』
[THE ENGLISH PATIENT]
1996年/アメリカ/Blu-ray版:162分
監督:アンソニー・ミンゲラ
原作:マイケル・オンダーチェ
出演:レイフ・ファインズ/他

画像 『東ベルリンから来た女』
[BARBARA]
2012年/ドイツ/BS版:105分
監督:クリスティアン・ペッツォルト
脚本:クリスティアン・ペッツォルト
出演:ニーナ・ホス/他


 明けましておめでとうございます。
 何となく、映画を観ながら仕事。

  「麦秋」 はデジタル・リマスター版。
 結婚にあまり興味のない娘と、そんな娘に早く結婚してほしいと気を揉む家族を描いているホームドラマ。

  「幽霊繁盛記」 は、三遊亭圓朝の落語 「死神」 をベースにしたコメディ。
 フランキー堺は居残り佐平次の次は葬儀屋の八五郎。

  「家族の肖像」 は、デジタル完全修復版。
 孤独な老教授と新世代の若者たちとの交流を描いたヴィスコンティの代表作。後期の最高傑作とされる。老教授が人生を顧みる物語であるのは 『野いちご』 と同じながら、対極にあるような映画。

  「イングリッシュ・ペイシェント」 は、第二次世界大戦時代の北アフリカを舞台に、戦争で傷を負った男と人妻との不倫を描いている。
 映画の編集さんが 「この映画の前半には、およそ考えられる全ての場面転換の技術が詰め込まれている」 と評した映画。何度目かの再鑑賞。

  「東ベルリンから来た女」 は、東ドイツからの国外脱出を計画する女性医師の姿をサスペンスフルに描いた人間ドラマ。

『QED 〜ortus〜 白山の頻闇』 (高田崇史/講談社ノベルス) 、 『魔界都市ブルース 黒魔孔』 (菊地秀行/祥伝社) 、『映画監督のペルソナ 川島雄三論』 (石渡均/愛育出版) を読む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
謹賀新年 平成三十年 陽明雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる