虫の日

20200607a.jpg 『エグザム』
[EXAM]
2009年/イギリス/DVD版:101分
監督:スチュアート・ヘイゼルダイン
原案:サイモン・ギャリティ
出演:ルーク・マブリー/他

20200607b.jpg 『テナント/恐怖を借りた男』
[THE TENANT]
1976年/仏、米/CS版:126分
監督:ロマン・ポランスキー
原作:ローラン・トポール
出演:ロマン・ポランスキー/他

20200607c.jpg 『ROMA/ローマ』
[ROMA]
2018年/メキシコ/Blu-ray版:136分
監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:アルフォンソ・キュアロン
出演:ヤリッツァ・アパリシオ/他

20200607d.jpg 『草の上の昼食』
[LE DEJEUNER SUR L'HERBE]
1959年/フランス/CS版:93分
監督:ジャン・ルノワール
脚本:ジャン・ルノワール
出演:ポール・ムーリス/他

20200607e.jpg 『スタング』
[STUNG]
2015年/独、米/CS版:87分
監督:ベニ・ディーツ
脚本:アダム・アレスティ
出演:マット・オリアリー/他

20200607f.jpg 『キラー・ビー ~殺人蜂大襲来~』
[PANIQUE!]
2009年/フランス/CS版:87分
監督:ブノワ・ドベール
脚本:エマニュエル・サルドゥー/他
出演:リシャール・アンコニナ/他

20200607g.jpg 『みな殺しの霊歌』
1968年/松竹/CS版:91分
監督:加藤泰
脚本:三村晴彦/加藤泰
撮影:丸山恵司
出演:佐藤允/中原早苗/他


 6月4日は虫の日で、CSで虫映画特集だったので後半は虫。
 と、言うより蜂映画。

  「エグザム」 は、とある企業の高額な報酬の条件での求人にの最終選考に残った8人の男女が、欲望から互いのエゴがぶつかり合う極限の心理戦を展開していくサスペンス映画。

  「テナント/恐怖を借りた男」 は、前の住人が等身自殺をはかった部屋を借りた男が徐々に常軌を逸していくサスペンス・ホラー。
 当時のポランスキー自身の置かれた環境、精神の不安定さを表現した作品とされている。日本未公開。

  「ROMA/ローマ」 は、監督自身の少年時代をベースに、メキシコシティのローマ地区に暮らす中流階級の家族の物語を綴った半自伝的ドラマ。
 1970年代前半の政治的混乱が続くメキシコの社会情勢を背景に、中流家庭で働くひとりの若い家政婦とその雇い主家族が織りなす人間模様をモノクロ映像で綴る。

  「草の上の昼食」 は、複数のカメラを同時に回すテレビドラマ的手法を用い、プロヴァンスを舞台に自然と人間性の美しさを描く現代諷刺喜劇。
 人工授精によって優秀な子孫を増やし、それ以外の生殖行為は避けるべきであるという説を唱える高名な博士が、ヒロインと出会った事から自然な恋愛から結婚へと変わっていく。突風の場面が有名。

  「スタング」 は、 『鳥』『エイリアン』 などへのオマージュを感じる昆虫パニック映画。
 改良した肥料によって進化したハチが人間や動物へ寄生、宿主を食い破って出現する巨大化したハチが人々を恐怖に陥れていく。

  「キラー・ビー ~殺人蜂大襲来~」 は、養蜂が盛んな街で突然ミツバチが凶暴化して人々を襲い始めるパニック映画。
 街の養蜂場から忽然と姿を消したミツバチが人を襲い始める。主人公の医師はかつての患者で養蜂家のヒロインと事態の究明に乗り出す。
 命をとりとめたらしいヒロインの恋人は途中で忘れ去られる。

  「みな殺しの霊歌」 は、逃亡中の殺人犯が唯一心を通わせた少年を輪姦して自死に追いやった5人の女に復讐をするサスペンス映画。
 構成に山田洋次。

『霧越邸殺人事件<完全改訂版>』上巻 (綾辻行人/角川文庫 Kindle版) 、 『魔界都市ブルース 影身の章』 (菊地秀行/祥伝社) を読む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント